tore
今日はちょっとセクシーなお話だよ!!
彼女たるもの彼の心も体も掴んでおきたいよね!! 
女子必見情報だよ!!
これは目が離せない!!話題の膣トレってなんだ?

尿漏れ対策、子宮脱対策、ボディラインを整える効果も

膣トレと聞くと「セクシャルな目的のためのもの?」と思いがちですが、実はそれだけではありません。女性とってプラスの効果がたくさんあるのです。出産後に多くの女性が経験する尿漏れや膣のゆるみ対策もその1つ。
また加齢で骨盤底筋が弱まって起こる尿漏れや頻尿にも、この膣トレが役に立つのです。膣トレは、骨盤底筋という骨盤の底にある筋肉を鍛えるトレーニング。骨盤底筋は子宮などの内臓を支える重要な役目も果たしているので、筋肉の衰えにより支えられなくなった子宮が膣から出てきてしまう「子宮脱」という症状になることもあります。
「子宮脱」になってしまうと自分ではケアしきれず、医師による治療が必要となりますので、そうなる前の対策が大切です。このように、女性にとって骨盤底筋を鍛える「膣トレ」は大変意味のあることなのです。
さらに膣トレは背筋がピンと伸びた姿勢を保ちやすくなり、下腹部の引き締めなどボディラインに良い影響も与えてくれますので、今すぐ取り入れていきたいトレーニングです。


お風呂で簡単にできる膣トレ

膣トレは、電車の中やテレビを見ながら行える手軽さが魅力。
ゆっくりとした呼吸に合わせて、膣をギュッと締めるイメージで力を入れた後にゆっくりと力を抜いていく、というのを繰り返します。
さらに効果が欲しいという人は、お風呂の中で行う膣トレをオススメします。
お湯で身体が温まることで、骨盤や女性器の血流がアップ。湯船に浸かりながらリラックスした状態で脚を伸ばし、膣や肛門をゆっくり締めたり、ゆるめたりというエクササイズを繰り返します。

また、最近は膣に挿入する膣トレ用のグッズも販売されています。
膣というデリケートな部分に挿入するので、やはり清潔な状態で使う必要があります。シリコン素材などはお風呂でも使えますので、デリケートゾーンを洗った後に使うのをオススメします。
挿入に抵抗がある場合は、ローションや専用パックなどと一緒に使うと比較的楽に挿入が行えます。挿入後は10~15分間、そのボール状のものが落ちないように膣を締め続けますので、その間に肌のお手入れもできるので、お風呂での膣トレに便利なグッズと言えるでしょう。


膣エクササイズで女子力アップ

膣エクササイズは「膣トレ」「骨盤底筋エクササイズ」「ケーゲル体操」など様々な呼び名がありますが、基本の考え方は共通。膣や骨盤底筋の筋力を鍛えることで、尿漏れや頻尿、子宮脱(子宮が骨盤底筋の衰えによって下垂し、外に出てくる症状)などのトラブルを予防したり、性交痛の改善、スムーズな出産をサポートするなどの目的で行われています。軽い尿漏れであれば膣エクササイズを2~3週間続けることによって、効果が感じられるとも言われています。

たった3分!「ながら膣エクササイズ」

膣エクササイズの方法はとても簡単。テレビを見ながら、お風呂の中で、通勤電車の中で…と、手軽に行えるのが魅力です。1日たった3分程度で良いので、自分のペースで継続していきましょう。簡単にできる、基本の膣エクササイズをご紹介します。

1.まず、全身をリラックスさせた状態で、脚を肩幅程度に広げて立ちます。
2.息をゆっくり吸いながら、5秒ほどかけて、膣を上に引き上げるようなイメージで肛門付近を締めます。
3.そのまま息を止め、膣をギュッと締めながら5秒間キープ。
4.ゆっくりと息を吐きながら、5秒ほどかけて全身の力を抜いていきます。
これを5回繰り返します。
膣が締まる感覚が分かりにくい方は、肩幅に脚を広げずに内ももの間にクッションや巻いたバスタオルなどを挟んで行ってみてください。 

スキンケア大学
    
さあいまからレッツそいやっさ!!
心も体もきれいになって、一石二鳥だね!!