だんせい2
誰だって愛したいし愛されたい!!
好きな人ならなおさら!! 
<PR>


意外と多いみたいですよ!!
あなたの彼は大丈夫かな?

好きなカレから全然愛されているという実感がないというあなた。
また、あなたをゲットするまでは連絡マメだったりプレゼントがあったりと、とても情熱的だったのに、最近放置されがちとか……。
そんなカレを持っている場合、よく注意をして観察をする必要があります。何故ならこの世には、その育ちや、人間関係への考え方から、どうしても女性を愛することができない男性がいるのです。 


1:母親を探し求めてる男

往々にして、男性というものはマザコンな生き物ですが、付き合っている相手や妻にも自分の“母親”になることを求めるのはお門違いもよいところ。男性は本来、好きな女性の世話を焼くことによって、幸せを感じる生き物なのです。 




2:没頭型男
ファッション、趣味、仕事、男友達……。没頭できることがあるのは良いことですが、彼女や奥さんがいつも二の次ってどうなのでしょう。まずは、自分がそんなカレと一緒に今後も幸せにやっていけるのかじっくり考えていきましょう。 




3:寂しがりや男
一人でいられないがばかりに、とにかく彼女を手当たり次第に作る男性です。この手の男性は、精神的に成長しきっておらず、あなたと一緒にいるのは、ずばり、とにかく誰かと一緒にいないと不安になってしまうからです。 




4:親密回避男
経験の少ない男性は、女性と親密になった途端、内心自分の中に何が起こっているのか把握できずその“恐れ”から一瞬逃げ出したくなってしまうことはよくあることです。でも、ここで本当に逃げ出してしまう人と、なんとか頑張って自分と彼女の関係を理解しようとする人がいます。こういったところに、器の差が出てしまいますよね。 




5:いつまでも若者気どり男
このタイプの男性は、いつまででも若者気分でいたいために、自分と同年代の女性と付き合うことができません。一回りも二回りも若い女性ばかりが好きな人、いますよね。「女性は若いに限る!」なんて豪語していても、己の歳は容赦なく刻まれていくのです。薄くなりかけた頭髪や、ビールっ腹、目の周りの皴がとっても物悲しさを語っています。 




6:支配欲が強い男
幼少期の育ち方に問題があった場合に多く見られるのが、恋人や配偶者を自分が思うように支配したい男性です。この手の男性は、子供ができた場合、子供をも支配しようとするので、読者の皆さん注意してくださいね。本当の愛は決して、相手を自分の思うようにすることではありません。




上記にあげた他にも、“女性を愛することのできない男性”は意外と多いものです。
相手ばかりに求めるのもよくないことですが、カレといても、充実感がない、愛されているという実感がないと、感じる場合、案外あなたの勘は当たっているかもしれません。
一旦、カレとの関係を冷静に見つめなおしてみる機会を作ってみるのもよいでしょう。
カレは大丈夫!? 実は意外と多い「女性を愛せない男」特徴6つ



ふむふむ。うーん。。。。。。
好きな人の事は、良いところも悪いところも、前向きに考えてしまうよ!! 
打算抜きに、一緒に居て楽しい人がペペロンは一番だと思うな!!